国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

FR 一覧ページ

FR・後輪駆動国産スポーツカー一覧

更新日:

FR・後輪駆動国産スポーツカー一覧

 

 

 

 

レクサスコンセプト

 

 

 

FRとは、車の後輪タイヤが駆動する方式です。

 

 

今回は、国産スポーツカーの内、後輪駆動のFR車を一覧で紹介します。

 

 

後輪駆動は、当サイトで取り扱っている国産スポーツカーの中で、一番多い駆動方式です。

 

 

軽自動車から、大排気量のスポーツカーまで、採用されているのが、FRです。

 

 

FRは、スポーツカーだけではなく、高級車に多く採用されている駆動方式です。

 

 

FRは、後輪が駆動します。

 

 

後輪が駆動することで、前輪が舵、後輪が駆動と役割分担でき、タイヤの性能を発揮させやすいです。

 

 

それに、後輪駆動は前輪駆動に比べて、ハンドリングの良さもあります。

 

 

高級車は、内装や装備だけではなく、走行性能も高い次元で求められます。

 

 

高い次元で走行性能を追及した時、FFより、FRを選んだメーカーが多かったため、高級車には、FRが多く採用されています。

 

 

それと、高級車=FRとイメージがあるとされています。

 

 

駆動方式から選ぶ→国産スポーツカーFR一覧

メーカー
(車種名)
グレード
(排気量)
馬力
(トルク)
もっと詳しく
レクサス
レクサス
(LC)
LC500
(4968cc)
477ps
(55.1kg)
国産スポーツカー維持費
レクサス
(IS F)
ベースグレード
(4968cc)
423ps
(51.5kg)
国産スポーツカー維持費
レクサス
(LFA)
ベースグレード
(4805cc)
560ps
(48.9kg
国産スポーツカー維持費
レクサス
(RCF)
ベースグレード
(4968cc)
477ps
(54.0k)
国産スポーツカー維持費
レクサス
(GSF)
ベースグレード
(4968cc)
477ps
(54.0k)
国産スポーツカー維持費
トヨタ
トヨタ
(86)
RC
(1998cc)
200ps
(20.9kg)
国産スポーツカー維持費
トヨタ
(アルテッツァ)
RS200
(1998cc)
210ps
(20.4kg)
国産スポーツカー維持費
トヨタ
(スープラ)
RZ-S
(2997cc
280ps
(46.0kg)
国産スポーツカー維持費
トヨタ
(チェイサー)
ツアラーV
(2491cc)
280ps
(38.5kg)

国産スポーツカー維持費
トヨタ
(マークⅡ)
IR-V
(2491cc)
280ps
(38.5kg)
国産スポーツカー維持費
トヨタ
(マークX )
350S G’S
(3456cc)
318ps
(38.7kg)
国産スポーツカー維持費
トヨタ
(アリスト)
V300
(2997cc )
280ps
(46.0kg)
国産スポーツカー維持費
日産
日産
(フェアレディZ)
バージョンニスモ
(3696cc)
355ps
(38.1kg)
国産スポーツカー維持費
日産
(シルビア)
スペックR
(1998cc)
250ps
(28.0kg)
国産スポーツカー維持費
日産
(180SX)
タイプR
(1998cc)
205ps
(28.0kg)
国産スポーツカー維持費
ホンダ
ホンダ
(S2000)
ベースグレード
(2156cc)
242ps
(22.5kg)
国産スポーツカー維持費
スバル
スバル
(BRZ)
RA
(1998cc)
200ps
(20.9kg)
国産スポーツカー維持費
マツダ
マツダ
(RX7)
タイプR
(654×2)
280ps
(32.0kg)
国産スポーツカー維持費
マツダ
(RX8)
タイプS
(654×2)
235ps
(22.0kg)
国産スポーツカー維持費
マツダ
(ロードスター)

(1998cc)
170ps
(19.3kg)
国産スポーツカー維持費
マツダ
(ロードスターRF)

(1997cc)
158ps
(20.4kg)
国産スポーツカー維持費
スズキ
スズキ
(カプチーノ)
ベースグレード
(658cc)
64ps
(10.5kg)
国産スポーツカー維持費
FRとは、後輪駆動の車です。国産スポーツカーの内後輪駆動の一覧です。

 

 

ミッドシップ国産スポーツカー一覧

 

4WDの国産スポーツカー一覧

 

FRの国産スポーツカー一覧

 

FFの国産スポーツカー一覧

 

 

FRだからできること

 

 

後輪駆動のFRは、ドリフトと呼ばれる走行ができます。

 

 

ただ、ドリフトと呼ばれる走行は、全部の駆動方式でできます。

 

 

FRだからできること?っと題名詐欺みたいな感じになってきましたが、ドリフトこそFRです。

 

 

ドリフトの迫力を求めると後輪駆動のFRにいきつきます。

 

 

日本のドリフトのトップカテゴリーで使用されている車はFRです。

 

 

4WDを改造してわざわざFRにするほどFRはドリフトに向いています。

 

 

よく使われる車両は日産・シルビアトヨタ・86などのFR車です。

 

 

シルビアはターボを搭載しており、トヨタ・86は現行で発売されているFRレイアウトの国産スポーツカーで、過給機は搭載されていませんが、ボトルオンターボでターボを搭載することは可能です。

 

 

 

ハイパワー車ならFR車

 

 

スポーツカーの醍醐味の一つはパワーです。

 

 

そのパワーを味わうには、路面にパワーを伝える必要があります。

 

 

路面にパワーを伝えるのならFFよりFRです。

 

 

FRは後輪が駆動します。

 

 

加速する時、後輪が下がります。

 

 

後輪が下がると路面へタイヤを押し付ける力が強くなり、FF車と比較するとタイヤをうまく使うことができます。

 

 

タイヤが路面にグリップすることをトラクションが掛かると言いますが、トラクションでいうと、FR車より4WDミッドシップの方が優れています。

 

 

走るために開発されたGTRは、4WDシステムを搭載しており、かつて、悪路走破のレースである世界ラリー選手権に参加していたインプレッサも4WDシステムを搭載していました。

 

 

世界ラリー選手権は、砂利道のようなトラクションが掛かりづらい道を走行します。

 

 

そんなトラクションが掛かりづらい路面を速く走るために4WDが選択されています。

 

 

さらに、走るために開発されたフォーミラーマシーンは、ミッドシップを採用しています。

 

 

FRと比較してトラクションがいい駆動方式はあります。

 

 

高級クーペはFR車

 

 

表を見てもらうとわかると思いますが、レクサス車の多くがラインアップしています。

 

 

現行車種だけでなく、かつての高級車もFR車としてラインアップしています。

 

 

FF車の一覧と見比べてみるとわかりやすいと思います。

 

 

FF車もそこそこの値段がする国産FFスポーツカーもありますが、基本的にサラリーマンが手が届く車ばかりです。

 

 

一方、FRレイアウトの車になってくると、そこそこの値段の国産スポーツカーもありますが、レクサスをはじめとして高級車国産スポーツカーの価格は高いです。

 

 

車体の価格が高いので中古で購入するといったてもあります。

 

 

今後国産のFRレイアウトスポーツカーが増えるか分かりませんが、増えたら国産スポーツカーFR一覧ページに追加していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-FR, 一覧ページ
-,

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.