国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

FF (前輪駆動) スズキ ハッチバック 燃費10㎞以上 燃費15㎞以上 現行のスポーツカー

国産スポーツカー・スイフトスポーツ (四代目)

更新日:

国産スポーツカー・スイフトスポーツ

 

 

2017年に4代目のスイフトスポーツが発売されました。

 

 

4代目のスイフトスポーツも、コンパクトカースイフトをベースに開発されました。

 

 

スイフトスポーツ,維持費,口コミ

 

 

国産スポーツカースズキ・スイフトスポーツのスペック表

 

 

スズキ スイフトスポーツ 4代目

グレードベースグレード
新車価格1,836,000円~
形式CBA-ZC33S
乗車定員5名
車両重量 970kg
(990kg)
エンジン型式K14C
総排気量1371cc
エンジン仕様水冷直列4気筒DOHC16
バルブターボ
最高出力140ps
最大トルク23.4kg
使用燃料プレミアム
ガソリン
JC08モード燃費16.4km
(16.2km)
タイヤサイズ前195/45R17
タイヤサイズ後195/45R17
駆動方式FF
トランスミッション6MT
(6AT)

 

 

三代目スイフトスポーツはこちらからどうぞ

 

 

スズキの国産スポーツカー 一覧

 

 

FF国産スポーツカー一覧

 

 

4ドアの国産スポーツカー一覧

 

 

四代目スズキ・スイフトスポーツの備考

 

 

スズキのコンパクトカースイフトがモデルチェンジをし、スイフトのスポーツモデルである、スイフトスポーツもフルモデルチェンジしました。

 

 

今回のスズキ・スイフトスポーツで四代目です。

 

 

コンパクトカーであるスイフトをスポーツモデルにチューニングしたスイフトスポーツは、普段使いからスポーツ走行までこなせる国産スポーツカーです。

 

 

スズキ・スイフトスポーツは一見するとただのコンパクトカーですが、かつて世界ジュニアラリー選手権を戦っていた車両です。

 

 

スズキ・スイフトスポーツのデメリット

 

 

あなたのスポーツカーのイメージなんですか?

 

 

2人乗りですか?

 

 

クーペですか?

 

 

GTRのような高級スポーツカーですか?

 

 

スポーツカーといえば、上記のような車を思い浮かべる方にはスズキ・スイフトスポーツは、少々イメージが違うスポーツカーかもしれません。

 

 

人によってはコンパクトカーにしか見えないかもしれません。

 

 

確かに一見するとコンパクトカーです。

 

 

さしずめ、羊の皮をかぶった狼といったところでしょうか?

 

 

スイフトスポーツを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーなら有料オプションで返品保障、最長10年間の修理保証が選べるよ

 

 

四代目スズキ・スイフトスポーツのメリット

 

 

スイフトスポーツ,維持費,口コミ

 

 

スズキ・スイフトスポーツのデメリットで書きましたが、スイフトスポーツは一見するとコンパクトカーです。

 

 

見た目はコンパクトカーですが、エンジンの排気量もコンパクトカーのクラスです。

 

 

1371㏄と日本の排気量の区分では中途半端な印象はありますが、日本の税金区分で1500㏄いかに該当し維持費を安く抑えることができます。

 

 

パワーユニットを3代目スイフトスポーツと4代目スイフトスポーツを比較しますと、3代目スイフトスポーツのエンジンはダウンサイジングエンジンを搭載し、過給機であるターボが搭載されました。

 

 

排気量が落ちていますが、馬力とトルクは上がっています。

 

 

三代目 馬力136ps トルク 16.3㎏

四代目 馬力140ps トルク 23.4㎏

 

 

馬力の上限は4psとさほどと思われるかもしれませんがトルクは7.1㎏とエンジンのパワーは全体的に上がってます。

 

 

ターボエンジンと聞くと燃費が悪そうですが、実は燃費も上がっているんです。

 

 

3代目スイフトスポーツと比較して、3代目スイフトスポーツは、エンジンの排気量は下がっており、維持費が抑えられて、エンジンのパワーが上がっているいいとこずくめの国産スポーツカーです。

 

 

高くなっているには、車体の価格ぐらいです。

 

 

3代目のスイフトスポーツは中古車市場で探すしかなくなったのですが、4代目スイフトが登場することで中古価格の低下が予想されます。

 

 

車体価格の面では、3代目スイフト分があります。

 

 

4代目スイフトスポーツはターボエンジンを搭載しています。

 

 

これは、スポーツカーにおいて非常に大きなメリットです。

 

 

スポーツカーを改造していくと馬力をアップさせる局面に当たります。

 

 

馬力をアップさせるのに、最もお手軽なのはマフラーなどの排気系を交換することです。

 

 

ただ、マフラー交換だけでは、大幅な馬力アップは期待できません。

 

 

馬力を大幅にアップさせるにはエンジンのチューニング、もっと言えば過給機のチューニングが必要不可欠です。

 

 

4代目スイフトスポーツはターボエンジンを搭載しており、自然吸気エンジンよりチューニングがよういです。

 

 

維持費も安く、馬力アップもしやすい国産スポーツカーがスズキ・スイフトスポーツです。

 

 

スイフトスポーツを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーの提案サービスなら毎日500台以上入荷の中古車、未公開在庫から探してくれるよ。もちろん、相談無料

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-FF (前輪駆動), スズキ, ハッチバック, 燃費10㎞以上, 燃費15㎞以上, 現行のスポーツカー
-,

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.