国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

一覧ページ 日産

国産スポーツカー日産車一覧

更新日:

国産スポーツカー日産車一覧

 

 

当サイトで、紹介している国産スポーツカーの中で、日産自動車のスポーツカーを一覧表示したページです。

 

 

日産には、GTRと、フェアレディZという二台スポーツカーがあります。

 

 

GTRと、フェアレディZは、記事記載現在も販売されています。

 

 

GTRフェアレディZを簡単に分けると。

 

 

GTRは、高級スポーツカーで、フェアレディZは、高級ラグジュアリスポーツというような感じに分けれます。

 

 

もちろん、生産終了の車種まで、さかのぼれば、日産自動車には、他にもスポーツカーはあります。

 

 

国産スポーツカー日産車一覧

イメージ車種名グレード排気量馬力燃費 
チューニングGTRGTRピュアエディション3799cc550ps
8.7km
国産スポーツカー維持費
MIKI Yoshihito (´・ω・)フェアレディZベースグレード3696cc336ps
9.1km
国産スポーツカー維持費
国産スポーツカースカイライン
GTR
VスペックII2568c280ps8.1km国産スポーツカー維持費
5623537808_d0d0f3b9a8_zシルビアスペックR
Vパッケージ
1998cc250ps11.2km国産スポーツカー維持費
おすすめの国産スポーツカー180SXタイプR1998cc205ps11.0km国産スポーツカー維持費
※JC08モードの数値を表示しています。

 

スポンサードリンク

 

当サイトで紹介している日産のスポーツカーは以上です。

 

 

日産自動車のスポーツカーには、大きく輝く二台巨星があります。

 

 

GTRと、フェアレディZです。

 

 

両者とも一時期生産を終了している時期はありましたが、復活を遂げました。

 

 

GTRは、かつてスカイラインGTRと呼ばれていましたが、今は、スカイラインと、GTRそれぞれの車種になりました。

 

 

型が落ちるGTRを探しているかたは、スカイラインGTRを参照してください。

 

 

日産には、その他にもライトウエイトのスポーツカーのシルビアと、180SXがかつて生産、販売されていました。

 

 

現在は両車種とも生産を終了しています。

 

 

復活論は、たびたび噂されますが、残念ながら復活には記事記載現在至っていません。

 

 

待ち遠しいですね。

 

 

日産はスター揃い

 

 

昔、雑誌で日産は大御所揃いの自動車メーカーと記載がありました。

 

 

確かに日産の国産スポーツカーは、スカイラインGTRフェアレディZシルビアが発売されていました。

 

 

いずれの車種も一代や二代で生産が終了したわけではなく、フェアレディZは1969年より発売され、シルビアは七代目で生産が終了しました。

 

 

スカイラインGTRは、少し複雑ですが、GTRは現行で発売されており、スカイラインも記事記載現在現行で発売されています。

 

 

歴史のある国産スポーツカーばかりです。

 

 

表には180SXもあります。

 

 

180SXは前期、中期、後期からなっており、フルモデルチェンジすることなく生産が終了しました。

 

 

確かに、一代で終了した国産スポーツカーですが、180SXシルビアと姉妹車の関係にあり、シルビアのパーツが180SXに加工なしに取り付けすることも可能です。

 

 

最終的にはシルビアに統合する形で、生産が終了しました。

 

 

180SXシルビアの派生車種と言えます。

 

 

 

ルノー日産連合

 

 

近年、グローバル化か進み、自動車メーカーは国内メーカーと手を結ぶだけでなく、海外メーカーと手を結んでいます。

 

 

日産自動車は、かつて倒産寸前まで追い込まれた時期がありました。

 

 

倒産寸前の日産に手を差し伸べたのはフランスの自動車メーカールノーでした。

 

 

日産はルノーの傘下に入り、現在の日産ルノー連合と呼ばれる形になりました。

 

 

少し細かいですが、日産ルノー連合ではなく、ルノー日産連合が個人的には正解だとは思います。

 

 

記事記載現在はここに三菱が合流し、販売台数で世界第三位になりました。

 

 

日産自動車の国内シェアは2番目と3番目を入れ替わりながら推移しており、決して不人気メーカーではありません。

 

 

日産の傘下となった三菱ですが、今後どのような車を作ってくれるのかは不明ですが、かつて、トヨタ自動車スバルを傘下に収める時、トヨタスバルの共同開発で国産スポーツカー、トヨタ・86スバル・BRZが開発されました。

 

 

この化学反応が日産、三菱でも起こってくれれば日産・シルビアの復活もあるかもしれません。

 

 

ただ、トヨタとスバルの場合はスバルのボクサーエンジンを搭載したといった例がありますが、三菱や日産に特徴的なエンジンはありません。

 

 

もちろん、日産のRB26エンジンは今でも愛されており名機で、素晴らしいですし、三菱のランサーエボリューションに搭載されていたオールアルミエンジンの戦闘力は高いです。

 

 

しかし、両エンジンはレシプロエンジンで一般的に出回っているエンジンです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-一覧ページ, 日産
-

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.