国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

一覧ページ

MR・ミッドシップ国産スポーツカー一覧

更新日:

MR・ミッドシップ国産スポーツカー一覧

 

 

国産スーパーカー

 

 

ミッドシップとは、自動車のパーツで一番重量があるエンジンが、車体後部に設置してある駆動方式を採用している車体を指します。

 

 

ミッドシップは、重いエンジンが車体の中心近くにありますので、重量バランスがよく運動性がよくなると言う利点があります。

 

 

運動性の他には、トラクションも期待できます。

 

 

ミッドシップで、後輪駆動の場合は、タイヤの上部にエンジンがありますので、上からタイヤを押さえつける力が強く働きます。

 

 

トラクションを求めるには最高の駆動方式といえます。

 

 

ミッドシップは、走るための自動車F1マシーンにも採用されているほど、戦闘力の高い駆動方式です。

 

 

国産スポーツカーで、採用されている車種は少ないですが、ミッドシップを採用している国産スポーツカーはありますので、ミッドシップに興味がある方は、是非お試しください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

駆動方式から選ぶ・国産スポーツカーMR一覧

メーカー車種名排気量馬力トルクもっと詳しく
トヨタ MR-S 1794cc140ps17.4kg国産スポーツカー維持費
トヨタMR2
GT-S
1998cc245ps31.0kg国産スポーツカー維持費
ホンダ NSX
タイプR
3492cc
507ps56.1kg
国産スポーツカー維持費
ホンダS660658cc64ps10.6kg国産スポーツカー維持費
MRとは、ミッドシップと言われる、後方にエンジンがあり、リアが駆動する方式を指します。

 

 

ミッドシップ国産スポーツカー一覧

 

4WDの国産スポーツカー一覧

 

FRの国産スポーツカー一覧

 

FFの国産スポーツカー一覧

 

 

スポーツ走行にこそミッドシップスポーツカー

 

 

ミッドシップスポーツカーは記事記載現在、国産スポーツカーの中では絶滅危惧種です。

 

 

新車販売は、ホンダのNSXか同じくホンダのS660しかありません。

 

 

記事記載現在で二車種です。

 

 

今後、販売が継続されるかはわかりません。

 

 

この、NSXS660は価格が対照的な国産スポーツカーで、NSXは高級スポーツカー、S660は軽自動車国産スポーツカーです。

 

 

ただ、S660は軽自動車ですが、軽自動車の中でも高級な部類に入ります。

 

 

NSXはホンダが全世界に向けて発売している2000万円をオーバーするスポーツカーで、普通のサラリーマンには手が届きません。

 

 

価格で見ると、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ等の外国の高級車に匹敵します。

 

 

もちろん、性能も高く、ミッドシップでターボを搭載しています。

 

 

ここまでは、さほどおどろくことはありませんが、二代目NSXはモーターを搭載しています。

 

 

二代目NSXはハイブリッドシステムを搭載しています。

 

 

このハイブリッドで使うモーターは走行にも使用でき、モーターアシストとの形で走行をアシストしてくれます。

 

 

ターボの過給機と、モーターを使用してスポーツ走行を楽しませてくれます。

 

 

ただ、価格が2000万円オーバーです。

 

 

一方、同じホンダのS660はおよそ200万円です。

 

 

二代目NSXS660を価格で比較すると約10倍です。

 

 

価格では、S660は圧倒的に劣りますが、走行性能はドライバーを楽しませてくれます。

 

 

某レーシングドライバーは、S660をミニNSXと評しました。

 

 

規格は軽自動車ですが、走行性能が侮れないのがS660です。

 

 

NSXと違ってベースの値段が安いので、その分チューニングにお金を回すことが出来ます。

 

 

とりあえずミッドシップを体験したいのなら、MRS、MR2

 

 

先に紹介した二台は、記事記載現在現行で発売されている国産スポーツカーです。

 

 

新車で手に入る二台です。

 

 

これから紹介するMRSとMR2は生産が終了した国産スポーツカーです。

 

 

MR2の後継車がMRSでMRSの方が高年式です。

 

 

この二台は、中古車市場で入手するしか方法はありませんが、少々古くなってきた分価格を抑えて入手することが可能です。

 

 

とりあえず、ミッドシップを体験したいといわれる方にはオススメの二台です。

 

 

値段の他にオススメの理由はあります。

 

 

それは、改造する上で車体の熟成度が違います。

 

 

はっきり言って二台とも人気車種ではなく、シルビアやロードスター等と比較すると人気はなく、世の中に出ている車は少数ですが、得意なショップであれば様々なチューニングメニューを提示してくれます。

 

 

先輩達が、ああでもない、こうでもないと悩んで築き上げたチューニングを、後発者である貴方は先輩達より費用をかけずに熟成させたチューニングをすることが出来ます。

 

 

S660が200万円、MRSが50万円、購入の軍資金が300万円なら改造に当てれるお金が全然違います。

 

 

もし、万が一エンジンが故障しても100万円は掛かりません。

 

 

とりあえず、ミッドシップを楽しみたいのであれば、MRSMR2をおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-一覧ページ
-

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.