国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

一覧ページ

国産スポーツカースズキ・ダイハツ車一覧

更新日:

国産スポーツカースズキ・ダイハツ車一覧

 

 

当サイトで紹介している国産スポーツカーの中で、スズキのスポーツカーと、ダイハツのスポーツカーを一覧表示下ページです。

 

 

スズキとダイハツを一緒にしたのは、当サイトで紹介している国産スポーツカーの車種が少ないからです。

 

 

国産スポーツカースズキ車一覧

イメージ車種名
(グレード)
排気量
(馬力)
燃費 
Gran Turismo 6カプチーノ
(ベースグレード)
658cc
(64ps)
20.0km国産スポーツカー維持費
燃費のいいスポーツカースイフトスポーツ
(ベースグレード)
1371cc
(140ps)
23.4kg
国産スポーツカー維持費
軽自動車国産スポーツセダンアルトワークス
(ベースグレード)
658cc
(64ps)
23.6km国産スポーツカー維持費
アルトターボRS
(ベースグレード)
658cc
(64ps)
25.6km 国産スポーツカー維持費
※JC08モードの数値を表示しています。

国産スポーツカーダイハツ車一覧

イメージ車種名
排気量
(馬力)
燃費 
国産軽自動車スポーツカーコペン
(ローブ)
658c
(64ps)

25.2km
国産スポーツカー維持費
※JC08モードの数値を表示しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 当サイトで紹介しているスズキ・ダイハツのスポーツカーは以上です。

 

 

スズキと、ダイハツというと、イメージできるのは、軽自動車です。

 

 

両社とも、軽自動車のスポーツカーがあります。

 

 

ダイハツの軽オープンスポーツカーのコペンは、現行で販売しています。

 

 

現行の軽スポーツカーが欲しい方は、オススメです。

 

 

スズキには、スイフトスポーツという、コンパクトカーのスポーツモデルがあります。

 

 

コンパクトカーですが、WRCの下位のカテゴリーにあたる、JWRCに参戦していたモデルです。

 

 

ルール変更で残念ながら参戦できなくなりましたが、世界と戦っていたモデルが、スイフトスポーツです。

 

 

軽スポーツカーは、維持費が普通自動車のスポーツカーと比べて維持費が安いです。

 

 

維持費が安いスポーツカーをお探しの方は、スズキとダイハツを比べてみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

軽自動車スポーツカー

 

 

 

軽自動車は日本国内の規格です。

 

 

この規格に対して海外から文句があるみたいですが、軽自動車は日本国民の味方です。

 

 

そんな軽自動車ですが、昔の軽自動車と比較しますと、最近の軽自動車の性能はよく、衝突被害軽減ブレーキ、国産スポーツカーでは装備していませんが、自動スライドドア等の電装品を多数装着しています。

 

 

今の軽自動車は軽自動車だからと言って侮れません。

 

 

国産スポーツカーにおいては、目立った技術はありませんが、昔の軽自動車スポーツカーと比較しますと、基礎設計が新しく乗りやすい車に仕上がっています。

 

 

スズキの国産軽自動車スポーツカーでみると、かつてスズキはカプチーノが販売されていました。

 

 

スズキ・カプチーノは2シーターオープンカーという特殊な形でしたが、パッと見てみんながスポーツカーと思う形の国産軽自動車スポーツカーでした。

 

 

今現在発売しているスズキの軽自動車スポーツカーは、スズキ・アルトターボRSスズキ・アルトワークスです。

 

 

スズキのアルトをベースに開発されたスズキ・アルトターンRSと、スズキ・アルトワークスはぱっと見は軽自動車

 

 

 

軽自動車ですが、他の軽自動車と比較しますと、走行性能は高いです。

 

 

軽自動車スポーツカーの特徴としては、コンパクトであることと車体が軽いことです。

 

 

ただ、デメリットとしてはパワーがないことです。

 

 

普通車と比較してパワーが圧倒的に低いです。

 

 

軽自動車の馬力上限は64psで、普通車の中には600psを発生させているエンジンを搭載している国産スポーツカーもあります。

 

 

もちろん、メリットもあります。

 

 

高出力のエンジンを搭載している車は車体重量が重く、小場所ではこの重さがネックになります。

 

 

一方、軽自動車スポーツカーは軽いです。

 

 

スズキのアルトワークスの車重は700㎏ありません。

 

 

最近の車は快適装備の電装品が多く装着されており、車体重量は年々重くなっています。

 

 

そんな中スズキ・アルトワークスは700㎏gない車体重量です。

 

 

この重量は、止まる、曲がる、加速するといった走行面で有利です。

 

 

さらに、軽さは低燃費を実現するうえでは必須事項でもあります。

 

 

一方、ダイハツの軽自動車スポーツカーはコペンです。

 

 

コペンは、2シーター軽自動車スポーツカーで駆動方式はFFです。

 

 

スズキのアルト系の軽自動車スポーツカーと違い、こちらはぱっと見スポーツカーといわれる形です。

 

 

人によってはデートカーと言われるかもしれませんね。

 

 

コペンも軽自動車規格で、車体重量は900キロありません。

 

 

スズキとダイハツは軽自動車の開発が得意なメーカーです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-一覧ページ
-,

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.