国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

FR セダン トヨタ 現行のスポーツカー

国産スポーツカー トヨタ・マークX

更新日:

セダンでスポーツカーなのがマークXです。

 

 

 

トヨタのマークXのスポーツモデルは、Sパッケージです。

 

 

トヨタのレーシングチーム、GAZOO Racingのドライバーによって作られたマークXが、パッケージSのG`sモデルです。

 

 

 

 

トヨタ・マークX 車両スペック

 

グレード250G S  G’s350S G’sGRMN
新車価格3,692,572円4,320,000円5,400,000円
乗車定員5名5名5名
車両重量1530kg1550kg1550kg
エンジン型式4GR-FSE2GR-FSE2GR-FSE
総排気量2499cc3456cc3456cc
エンジン仕様V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
最高出力203ps318ps321ps
最大トルク24.8kg38.7kg38.7kg
使用燃料レギュラーガソリンプレミアムガソリンプレミアムガソリン
JC08モード燃費10.0km
タイヤサイズ前235/40R19 235/40R19 235/40R19
タイヤサイズ後235/40R19 235/40R19 255/35R19
駆動方式FRFRFR
トランスミッション6AT6AT6MT
備考
2017年G’sはGRへ移行しました。
限定車

 

グレード250S
GRスポーツ
350RDS
GRスポーツ
新車価格3,809,160円4,428,000円
乗車定員5名5名
車両重量1530kg1550kg
エンジン型式4GR-FSE2GR-FSE
総排気量2499cc3456cc
エンジン仕様V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
最高出力203ps318ps
最大トルク24.8kg38.7kg
使用燃料レギュラーガソリンプレミアムガソリン
JC08モード燃費
タイヤサイズ前235/40R19 235/40R19
タイヤサイズ後235/40R19 235/40R19
駆動方式FRFR
トランスミッション6AT6AT
備考
2017年G’sはGRへ移行しました。

 

マークXを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーなら有料オプションで返品保障、最長10年間の修理保証が選べるよ

 

 

国産スポーツカーの口コミはこちらからどうぞ

 

 

トヨタの国産スポーツカー一覧

 

 

セダンの国産スポーツカー一覧

 

 

 トヨタ・マークXの維持費目安

 

国産スポーツカーの3500cc以下の自動税目安表

エンジン排気量税金の金額
2000cc超~2500cc以下45,000円
2500cc超~3000cc以下51,000円
3000cc超~3500cc以下 58,000円
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

~2000kgまでの国産スポーツカーの車検目安表

普通車の車検料目安
2000kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円32,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー62,340円
3ナンバー62,440円
エコカー27,840 円20,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー49,540円
3ナンバー49,640円
13年経過車27,840 円40,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー69,540円
3ナンバー69,640円
18年経過車27,840 円50,400円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー79,940円
3ナンバー80,040円
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

 

トヨタ・マークX備考

 

 

 

国産スポーツカー,マークX

 

 

 

セダンで国産スポーツカー??と思われる方がいるかも知れませんが、世界的に有名なBMWは、スポーツセダンとして有名なメーカーです。

 

 

日本でも、スポーツセダンのジャンルは健在で、その1つが、このマークXです。

 

 

マークX G‘sは、トヨタのレーシングチームであるGAZOO Racingのテストドライバーが作り上げたスポーツセダンです。

 

 

G`sは、専用のサスペンション、専用の空力パーツ、専用のマフラーなど、見えるパーツはもちろん、車体の剛性をます溶接のスポット増し等、隠れてしまう箇所にも力を入れた車です。

 

 

マークXのデメリット

 

 

 

マークX G‘sのエンジン排気量は、3456ccで318psのパワーを発生させるユニットを搭載しています。

 

 

エンジンスペックだけ見ると十分すぎるパワーがありますが、マークXはミドルクラスのセダンタイプでボディーが大きいので、車重が1.5トンほどあります。

 

 

スポーツ走行において、重さは大敵です。

 

 

コーナーを曲がる時、静止状態から加速する時、車を止める時など、スポーツ走行において大敵で、重さは不利になる要素です。

 

 

軽量化に勝るチューニングがないと言われるほど、重量は無視できない要素です。

 

 

マークXは決してタイムをを出せる車ではありません。

 

 

タイムを狙うのならば、日産・GTRや、ホンダ・S2000などのスポーツカーと呼ばれる車を購入される方が速さを求める方にはオススメです。

 

 

マークXのメリット

 

 

マークXは、確かに重いですが、サーキットでラップタイムを計らない限りさほど気にする必要はありません。

 

 

公道限定で走る限りは、気にもなりません。マークXの350S G‘sは、318ps馬力もあります。

 

 

信号待ちで、加速した時、ほとんどの大衆車を置いてけぼりに出来ます。

 

 

マークX G‘sは、4ドアのセダンで、トヨタの高級セダンです。

 

 

スポーツカーと利便性は、共存できないと思われがちですが、マークX G‘sは、もともと高級セダンとして持っていた居住性プラス、走りの性能の為に与えられた足周り、空力性能、エンジン出力など、走行面でもスポーツカーと言える性能を誇ります。

 

 

居住性と走行性能を高次元で両者を実現しています。

 

 

トヨタ・マークXは、限定車ではありますが、新車販売の段階で、マニュアルミッションを搭載したモデルも販売されました。

 

 

ミッション搭載モデルは、GRMNと呼ばれ、限定は100台と少ないです。

 

 

好評であれば、グレードに追加されるかも知れません。

 

 

 

新車販売のチャンスを逃した方は、中古車市場をお探しください。

 

 

 

スポーツカーは欲しいけど、利便性は捨てたくない方には、ピッタリの車が、マークX G‘sです。

 

 

マークXを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーの提案サービスなら毎日500台以上入荷の中古車、未公開在庫から探してくれるよ。もちろん、相談無料

 

 

 

マークXのライバル車

 

 

レクサス・IS

 

レクサス・GS

 

トヨタ・チェイサー

 

トヨタ・マークⅡ

 

スバル・WRXSTI

 

三菱・ランサーエボリューション

 

 

スポンサードリンク

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-FR, セダン, トヨタ, 現行のスポーツカー
-

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.