国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

FR セダン トヨタ 燃費10㎞以上 生産が終了したスポーツカー

国産スポーツカートヨタ・チェイサー

更新日:

セダンタイプの国産スポーツカートヨタ・チェイサー

 

 

トヨタ・チェイサーは、マークⅡ、クレスタと姉妹車です。

 

 

三台の中で一番スポーティーに仕上げられ、若者向けたスポーツセダンです。

 

 

チェイサーの車両スペック

 

 

トヨタ・チェイサー

グレードツアラーツアラーSツアラーV
車両形式GF-GX100GF-JZX100GF-JZX100
車両タイプセダンセダンセダン
乗車定員5名5名5名
車両重量1330kg
(1340kg)
1420kg1480kg
(1490kg)
エンジン型式1G-FE1JZ-GE1JZ-GTE
総排気量1988cc2491cc2491cc
エンジン仕様水冷直列6気筒
DOHC24バルブ
水冷直列6気筒
DOHC24バルブ
水冷直列6気筒
DOHC24バルブ
ICターボ
最高出力160ps200ps280ps
最大トルク20.4kg26.0kg38.5kg
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
10モード/10・15モード燃費12.0km(11.6km)10.4km10.2km
(9.6km)
タイヤサイズ前205/60R15 205/55R16 205/55R16
タイヤサイズ後205/60R15 205/55R16 225/50R16
駆動方式FRFRFR
トランスミッション5MT
(4AT)
5AT5MT
(4AT)

 

 

チェイサーを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーの提案サービスなら毎日500台以上入荷の中古車、未公開在庫から探してくれるよ。もちろん、相談無料

 

 

国産スポーツセダン一覧

 

 

国産FRスポーツカー一覧

 

 

国産スポーツカーの口コミはこちらからどうぞ

 

 

トヨタの国産スポーツカー一覧

 

 

トヨタ・チェイサーの維持目安

 

 

1500cc超~2500cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
2000cc超~2500cc以下45,000円
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

~1500kgまでの国産スポーツカーの車検目安表

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

 

トヨタ・チェイサー備考

 

 

トヨタ・チェイサーは、セダンタイプのスポーツカーです。

 

 

セダンタイプのスポーツカーとして確固たる地位を気づいているのは、BMWのMシリーズです。

 

 

国内では、ランサーエボリューション、インプレッサ、アルテッツァなどの車があります。

 

 

2ドアのクーペタイプに比べて室内空間が広く、4枚ドアがあるので、乗り降りも楽です。

 

 

クーペタイプのスポーツカーより、車両空間が広いのでクーペより実用性があります。

 

 

トヨタ・チェイサーは、先に記載したように、マークⅡ、クレスタと姉妹車です。

 

 

3台の中で一番スポーティーに仕上げられた車です。

 

 

チェイサーの中でも、ラグジュアリーなグレード、アバンテとスポーティーなグレード、ツアラーの2つのグレードがあります。

 

 

ツアラーのなかでも、もっともスポーツ走行におすすめなのは、ツアラーVです。

 

 

MTとATが設定されていますが、スポーツ走行をするならやはり、MTがおすすめです。

 

 

街乗りだけを想定されているのなら、ATが楽で、おすすめです。

 

 

チェイサーのデメリット

 

 

チェイサーは、4ドアのセダンタイプのスポーツカーです。

 

 

俗にスポーツサルーンとも呼ばれるタイプの車です。

 

 

同じクラスの排気量のクーペタイプの車に比べると、車体の重量が重いのが気になります。

 

 

スポーツ走行するうえで、軽ければ軽いほど走行には有利に働きます。

 

 

加速、コーナー、ブレーキなど重量の影響を受ける場面は多くあります。

 

 

ただ、チェイサーのツアラーVの馬力は280psあり、パワー面では十分あります。

 

 

それに、現行の同クラスの4ドア車と比べると、軽い車体です。

 

 

0.1秒のタイムを競うのなら、おすすめはできませんが、そうでない場合は、4ドアからくる実用性、280psもある馬力、AT・MTから選べることなど、お勧めできる点が多いセダンスポーツカーです。

 

 

国産スポーツカー

 

 

チェイサーのメリット

 

 

チェイサーは、4ドアのスポーツカーです。

 

 

2ドアクーペの窮屈さは、チェイサーにはありません。

 

 

チェイサーは現在、生産、販売されていません。

 

 

当時チェイサーの位置づけは、高級中型セダンです。

 

 

高級セダンならではの乗り心地は、ほかのスポーツカーにありません。

 

 

家族、友人を乗せて出かけるのに最適な車です。

 

 

車自体の乗り心地はいいので、あとは、あなたのシフトテクニックが乗り心地を左右します。

 

 

ただ、オートマなら気にする必要はありません。

 

 

チェイサーのツアラーVは2500ccクラスのターボエンジンです。

 

 

確かに馬力は魅力ですが、維持費が大変です。

 

 

2000ccクラスの車に比べて、維持費が高くつきます。

 

 

もし、維持費が気になる方は、「ツアラー」の購入をお勧めします。

 

 

「ツアラー」は2000ccクラスのエンジンですので、維持費は安く済みます。

 

 

燃費もツアラーの方がいいです。

 

 

ただ、馬力は落ちます。

 

 

チェイサーのツアラーには、ツアラー、ツアラーS、ツアラーVの3つのグレードがありますので、ご自身の好みに合わせてお選びください。

 

 

もし、ラグジュアリー優先の方がいい方は、ツアラーではなくて、アバンテをお勧めします。

 

 

トヨタ・チェイサーは、4ドアのセダンタイプのスポーツカーです。

 

 

実用性がクーペタイプの車と比べるとあります。

 

 

ドアが4枚で5人乗りでトランクがあるチェイサーは荷物も積めて、人も乗せれて、快適で、速いスポーツセダンです。

 

 

スポーツカーをお求めの方で、家族、友人など人をよく乗せる方にはおすすめの一台です。

 

 

チェイサーを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーなら有料オプションで返品保障、最長10年間の修理保証が選べるよ

 

 

チェイサーの後継車種

 

 

トヨタ・マークX

 

 

チェイサーのライバル車種

 

 

トヨタ・マークⅡ

 

トヨタ・マークX

 

スバル・WRXSTI

 

 

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-FR, セダン, トヨタ, 燃費10㎞以上, 生産が終了したスポーツカー
-

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.