国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。

国産スポーツカー.com

FR クーペ 日産 現行のスポーツカー

国産スポーツカー 日産・フェアレディZ

更新日:

世界120カ国で販売されている日産・フェアレディZ

 

 

日本のハイクラススポーツカー、日産フェアレディZは、一時期生産を中止した時代がありましたが、CEOカルロスゴーン氏によって復活した日産の象徴的なマシーンです。

 

 

日産には高性能スポーツカーGTRがありますが、フェアレディZは、GTRとは性格が違う国産のスポーツカーです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

日産・フェアレディZ車両スペック

 

 

日産 フェアレディZ(CBA-Z34)

グレードベースグレードバージョンTバージョンSニスモ
乗車定員2名2名2名2名
車両重量1500kg
(1510kg)
1520kg1520kg1540kg
(1550kg)
エンジン型式VQ37VHRVQ37VHRVQ37VHRVQ37VHR
総排気量3696cc3696cc3696cc3696cc
エンジン仕様V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
V型6気筒
DOHC
最高出力336ps336ps336ps355ps
最大トルク37.2kg37.2kg37.2kg38.1kg
使用燃料無鉛
プレミアム
ガソリン
無鉛
プレミアム
ガソリン
無鉛
プレミアム
ガソリン
無鉛
プレミアム
ガソリン
JC08モード燃費9.1km
(9.2km)
9.2km9.1km9.1km
(9.2km)
駆動方式FRFRFRFR
トランスミッション6MT
(7AT)
7AT6MT6MT
(7AT)

 

 

フェアレディZを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーの提案サービスなら毎日500台以上入荷の中古車、未公開在庫から探してくれるよ。もちろん、相談無料

 

 

フェアレディZの口コミはこちらからどうぞ

 

フェアレディZ以外の国産スポーツカーの口コミはこちらからどうぞ

 

日産の国産スポーツカー一覧

 

国産FRスポーツカー一覧

 

 

日産・フェアレディZの維持費目安表

 

4000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
3500cc超~4000cc以下66,500円
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

 

~2000kgまでの国産スポーツカーの車検目安表

普通車の車検料目安
2000kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円32,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー62,340円
3ナンバー62,440円
エコカー27,840 円20,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー49,540円
3ナンバー49,640円
13年経過車27,840 円40,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー69,540円
3ナンバー69,640円
18年経過車27,840 円50,400円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー79,940円
3ナンバー80,040円
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

日産・フェアレディZ備考

 

 

現行のフェアレディZは、3700ccの336psのNAです。

 

 

自然吸気で336psを発生する高性能ユニットは、トルクも37.2kgと太く、扱いやすいエンジンです。

 

 

フェアレディZは登場以来、約45年経過した歴史のあるスポーツカーです。

 

 

途中、Z32~Z33の間、約2年ほど絶版の時期がありましたが、当時CEOに就任した、カルロス・ゴーン氏が、日産にはスポーツカーが必要だ。

 

 

との意向で復活したのがフェアレディZです。

 

 

当時まだ、スカイラインGTR-R34は販売されていましたが、R34は、サーキット色が強かったので、待ち乗りのスポーツカーとして、フェアレディZは必要でした。

 

 

フェアレディZのデメリット

 

 

Zは二人乗りの2シーターです。

 

 

大きな荷物はトランクルームに入れる必要があります。

 

 

荷物が多い人には向かない車です。

 

 

それに、燃費が悪いです。

 

 

ターボエンジンに比べて比較的、燃費が良いとされる自然吸気エンジンですが、二桁に届きません。

 

 

一番燃費のいいグレードで、9.2kmです。

 

 

フェアレディZは後輪駆動であるFRです。

 

 

最近の車は横滑り防止装置が付いていますので、それほど気にする必要は無いかもしれませんが、ハンドルを切ってアクセルとあけると簡単にスピンします。

 

 

フェアレディZの馬力は一番高いモデルで355psです。

 

 

数字で見る分にはパットこないかも知れませんが、かなりの高馬力です。

 

 

私が昔乗っていたFC3SのRX7で205馬力でしたが、アクセルを開ければ後輪は簡単にすべりました。

 

 

フェアレディZは、355馬力で下から回る自然吸気エンジンです。

 

 

サーキット走行などは構いませんが、公道で横滑り防止装置のオフはやめられたほうがいいですよ。

 

 

フェアレディZのメリット

 

 

Zは、よくも悪くもスポーツカーです。

 

 

エンジンが6気筒の3700ccで、車重が1.5トンに抑えられています。

 

 

エンジンの規模が、同じハイクラス国産スポーツカー日産・GTRの車重と比較すると、200㌔ほど軽量に仕上がっています。

 

 

現行のZ34は、ヒール&トゥが必要ありません。

 

 

シフトダウンをする時、エンジンの回転数が合わないと、ガクンと車体に衝撃が加わり、かなり不快です。

 

 

この現象を回避する為に使うテクニックが、ヒール&トゥです。

 

 

シフトダウンをする時、右のつま先でブレーキを踏み、右のかかとでアクセルを煽ります。

 

 

これでスムーズにシフトダウンができます。

 

 

ただ、なれないと、うまく出来ません。

 

 

現行のZは、MTシンクロレブコントロールを採用していますので、車が回転数を合わせてくれます。

 

 

ちなみに、ATは、先に採用されていました。

 

 

ただ、ヒール&トゥを使う場面は、公道を走行している限りほとんど遭遇はしません。

 

 

主にサーキットとワインディング走行時に使うテクニックです。

 

 

MIKI Yoshihito (´・ω・)
(by MIKI Yoshihito (´・ω・))

 

 

実用性を考えずに、純粋にスポーツカーが好きな方には、Zはオススメです。

 

 

ZはFRレイアウトの車なので、車を走らせる楽しさも体感できる車です。

 

 

ただ、FRレイアウトのハイパワーマシンであるフェアレディZは扱いを間違うとリアがブレイクし事故をおこしますので、ご注意ください。

 

 

 

フェアレディZを買うなら販売実績ナンバー1のガリバーへ、ガリバーなら有料オプションで返品保障、最長10年間の修理保証が選べるよ

 

 

 

フェアレディZのライバル車

 

 

日産・GTR

 

日産・スカイラインGTR

 

レクサス・RCF

 

レクサス・LC

 

トヨタ・スープラ

 

トヨタ・86

 

ホンダ・S2000

 

スバル・BRZ

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

訪問ありがとうございます┏○))ペコ サイト運営者のカズです。中年会社員の男性です。 私は、免許取得後RX7(FC型)を購入し、サーキットなどでスポーツ走行を楽しみました。RX7の車検が切れて、次の車を探すとき、国産のスポーツカーがたくさんあることを知りました。 今は、簡単にインターネットで車を見ることは出来ますが、一枚のページで比較することは、難しかったです。当サイトでは、国産のスポーツカーにスポットを当てて、国産のスポーツカーを比較、ランキングしたサイトです。

関連記事

-FR, クーペ, 日産, 現行のスポーツカー
-

Copyright© 国産スポーツカー.com , 2020 All Rights Reserved.