燃費の悪いスポーツカーの燃費を向上させる方法

トップページ > 燃費の悪いスポーツカーの燃費を向上させる方法

スポーツカーの燃費を向上させる方法はあります!

 

スポーツカーは燃費が悪い!これは、否定することはできません。確かに最近の低燃費車に比べて、非常に低いです。37㎞、この数字はトヨタのハイブリット車、アクアの燃費です。13.4㎞、この数字は、トヨタ86の燃費です。かなりの開きがあります。10リットルのガソリンでアクアは、370㎞走るのに対し、トヨタ86は、134㎞しか走れません。

 

スポーツカーの中にも燃費のいい車があります。

 

現行車の中でハイブリットカーの燃費に負けないスポーツカーがあります。それは、ホンダのCR-Zとダイハツ・コペンです。

 

イメージ図車種名新車の車両価格グレード燃費
アクアトヨタ・アクア1,748,572円L37.0km/l
ダイハツ・コペン1,798,200円ローブ(CVT)25.2km/l
ホンダ・CR-Z2,432,571円B(CVT)23.0km/l
オススメの国産スポーツカー86トヨタ・862,056,909円RC13.4km/l

 

アクアと比べると、国産スポーツカーの中で燃費がいい、ホンダ・CRZ、ダイハツ・コペンといえども及びません。でも、アクアにはない楽しさがあります。ホンダCRZはGT300にも出場している程のスポーツカーですし、ダイハツ・コペンは軽自動車です。アクアより、維持費の面では勝ります。それに、コペンはオープンカーですので、CRZとは違うスポーツカーの楽しみ方があります。燃費を気にするのであれば、CRZコペンは最良の選択です。

 

スポンサードリンク

 

スポーツカーの燃費を向上させる方法

 

スポーツカーは、メンテナンス、改造次第で燃費向上が望めます。ただ、CPUを最適化などの大がかりな燃費改善は、少々ハードルが高いので、明日にでも出来る簡単な方法で燃費向上を図ります。

 

空気圧を上げる!

 

CMでもおなじみの方法です。空気圧を最適化することで、燃費は改善します。自転車でタイヤに空気が入っていない状態と、タイヤに空気が入っている状態では、後者の方が、軽い力で自転車を進めることが可能です。これは、エンジン付きの車にも言えることで、タイヤの空気がないと転がる時、抵抗になり、エンジンの負担になります。

 

添加剤を入れる!

 

添加剤には、ガソリンに入れる添加剤とエンジンオイルに入れる添加剤があります。私は、エンジンオイルに入れる添加剤を好みます。エンジンオイルの添加剤を入れると、エンジンの、レスポンス、馬力、トルクなどがよくなるのがわかります。ただ、同じ添加剤を違う車に入れた時、まったく良さがわからない車もありました。エンジンと添加剤の相性があると思われます。添加剤はかなり高い物もありますが、私は1600円の添加剤で十分効果を実感しました。

 

スポンサードリンク

 

軽量化をする!

 

軽量化と聞くと、シートを外し、クーラーを取っ払い、内貼りも剥がす。かなりスパルタンな軽量化を想像できそうですが、そんなにスパルタンな軽量化でなくとも大丈夫です。もちろん、軽量化を突き詰めていけば、燃費は確実に改善します。ただ、簡単な物でいいんです。不必要な荷物を下ろすだけです。仕事の資料をたくさん積んでいるのであれば、下ろしてください。不必要な工具を積んでいるのであれば、下ろしてください。余分な、荷物を下ろすだけで確実に燃費は向上します。

 

これまで、燃費向上の方法を記載してきましたが、劇的な燃費の改善は残念ながら望めません。ただ、正しい処置をとれば、燃費は向上します。燃費の改善を図ることで、スポーツカーの短所を克服し、よりスポーツカーをたのしみましょう!

 

 

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。