国産軽自動車スポーツカー一覧

トップページ > 国産軽自動車スポーツカー一覧

維持費が安い軽自動車スポーツカー

 

国産軽自動車スポーツカー

 

日本独自のカテゴリーである軽自動車。軽自動車にもスポーツカーはあります。最近では、軽自動車を買う人が、昔に比べて増えてきています。増えてきている理由の1つが、維持費の安さです。軽自動車スポーツカーも普通自動車のスポーツカーと比較しますと、維持費が安いのが魅力です。軽自動車スポーツカーは維持費が安いです。

 

一般的にスポーツカーは、維持費が高いと思っている人が多いと思います。維持費を懸念して、スポーツカーの購入をためらっておられる方には、軽自動車の国産スポーツカーはいかがですか??軽自動車スポーツカーは、普通車のスポーツカーより維持費が安いので、軽自動車スポーツカーとミニバンといった二台所有なんてことも現実的です。

 

軽自動車スポーツカー一覧表

 

国産スポーツカー軽自動車一覧

メーカー
(車種名)
排気量
(馬力)
トルク
(販売状況)
もっと詳しく
スズキ
(カプチーノ)
658cc
(64ps)
10.5kg
(生産終了)
国産スポーツカー維持費
スズキ
(アルト
ターボRS)
658cc
(64ps)
10.0kg
(現行)
国産スポーツカー維持費
スズキ
(アルト
ワークス)
658cc
(64ps)
10.2kg
(現行)
国産スポーツカー維持費
ダイハツ
(コペン)
658cc
(64ps)
9.4kg
(現行)
国産スポーツカー維持費
ホンダ
(S660)
658cc
(64ps)
10.6kg
(現行)
国産スポーツカー維持費

 

軽自動車スポーツカー

 

軽スポーツカーは維持費が気になる方にオススメ

 

 

日本独自のカテゴリー、軽自動車です。軽自動車には、いろんな規制があります。その中で、軽自動車スポーツカーの走行性能に直結するのが、排気量と、馬力の規制です。排気量は660cc以下で、馬力は64馬力が上限として設定されています。この二つの規制は、記事作成現在の規制です。いつかは、緩和ないし、撤廃されるかも知れませんが、今はこの縛りで、軽自動車スポーツカーは製作されています。

 

 

軽自動車スポーツカー以外にも、排気量、馬力が上限一杯の軽自動車はあります。軽自動車トールワゴンのカテゴリーのタントも658ccの64馬力です。この数値だけ見ると、「軽スポーツカーと同じ数値」と思われそうですが、軽スポーツカーのダイハツ・コペンと比べると、重量が違います。タントは、960kg、 コペンは850kgです。重量が110kgも違います。

 

軽自動車スポーツカーは非力なので重量が110kg違うと、加速性能、コーナリング性能、ブレーキ性能にかなりの違いが出てきます。もちろん、軽自動車スポーツカーのダイハツ・コペンの方が、走行性能は優れます。その他にも、ダイハツ・コペンの方がスポーツカー特有の重心の低さで、運動性能が軽自動車スポーツカーのダイハツ・コペンの方がが上です。維持費が気になる方には、軽自動車スポーツカーをオススメします。

 

 

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。