国産スポーツカー馬力ランキング過給機偏

トップページ > 国産スポーツカー馬力ランキング過給機偏

国産スポーツカー ターボ車馬力ランキング

 

国産スポーツカーの中で、馬力が高い順にランキングしています。少し前、日本自動車業界には馬力の規制がありました。これは、国が定めたものではなく、自動車業界の自主規制でした。当時の規制の上限は280馬力です。国産のハイエンドスポーツカーは、ほとんどこの馬力にいっぱいに馬力を設定していました。

 

現在は馬力の自主規制がなくなり、300馬力オーバーのスポーツカーもあります。当時の規制で、ランキングするとハイエンドスポーツカーは、280馬力で頭打ちの国産スポーツカーがほとんどです。全てのハイエンドスポーツカーがランキング一位で、ランキングになりません。

 

今でしたら、300馬力オーバーも、400馬力オーバーのスポーツカーもあります。国産スポーツカー馬力ランキング過給機偏では、ターボ付きのスポーツカーを限定してランキングをして行きます。国産スポーツカーも高出力スポーツカーはあります。グレードの中で、一番馬力が出ている車種をランキングして行きます。

 

国産スポーツカー馬力ランキング過給機偏

価格イメージ車種名
グレード
馬力トルク排気量詳細
一位チューニングGTR日産 GT-R
GT-R ニスモ
550ps64.5kg3799cc
二位国産スポーツカースバル インプレッサ
WRX STI スペックC
308ps43.8kg1994cc
三位三菱 ランサーエボリューションX RS300ps43.0kg1998cc
五位スープラ
SZ
280ps46.0kg2997cc
五位国産スポーツカースカイライン
GT-R
280ps40.0kg2568cc
五位国産スポーツカーチェイサー
ツアラーV
280ps38.5kg2491cc
五位マツダ
RX-7
280ps32.0kg654cc×2
※記事作成現在の2014年9月状況です。
国産スポーツカー過給機ランキング
第1回
第2回

 

上位3台は、規制オーバーの馬力でランキングできましたが、五位は280馬力のスポーツカーが並びました。五位は、馬力では同一ですが、自動車のパワーを見る上で、もう1つの指標となってくるトルクが違います。五位は、トルクで順位付けしてあります。

 

国産スポーツカー馬力ランキング過給機偏トップはGTR

 

トップは、日産GTRです。GTRは、日本が誇るハイエンドスポーツカーです。世界の自動車メーカーがテストを行う、ドイツのサーキットニュルブルクリンクで、市販車として、トップレベルのタイムをマークしています。GTRは、馬力も高いですが、トータルの走行性能も高いスポーツカーです。

 

二番目は、スバルインプレッサです。スバルのインプレッサは、現在は出場はしていませんが、ラリー選手権と言われるWRCに出場していた車です。GTRと同じスポーツカーと言われるカテゴリーではありますが、少し、味付けが違うスポーツカーです。

 

三位は、三菱ランサーエボリューションです。現在、残念ながら現行で生産は終了しています。現行では購入できません。三菱ランサーエボリューションは、スバルインプレッサと同じくかつては、WRCに出場していたスポーツカーです。三菱ランサーエボリューションは4ドアの車です。実用性があり、馬力が高い車です。

 

五位は、馬力規制時の車が揃いました。280馬力との規制がありますが、280馬力以上出ているスポーツカーもあると言われています。ほとんどの場合は、排気で絞ってある自動車が多いので、排気系をチューニングするだけで、規制である280psはオーバーします。

 

ハイパワー車が欲しい、速い車が欲しいといわれる方は、ランキングを参考にしてみて下さい。

 

 

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。