国産スポーツカー燃費ランキング10:15モード偏

トップページ > 国産スポーツカー燃費ランキング10:15モード偏

燃費のいい国産スポーツカーが欲しい方へ10:15モード偏

 

国産スポーツカーを選ぶなら燃費がいい車が欲しい!10:15モード偏

ランキングイメージ車種名グレード燃費詳しく知る
国産スポーツカースズキ カプチーノベースグレード20.0km
ranking-free-sozai2_Rトヨタ MR-S14.8km
ranking-free-sozai3_RインテグラDC5型ホンダ インテグラ
タイプS14.4km
ranking-free-sozai4_Rトヨタ セリカSS-I14.0km
ranking-free-sozai5_Rトヨタのスポーツセダントヨタ マークⅡグランデ12.6km国産スポーツカー維持費
上記の表は、10:15モードのカタログ燃費を参考に作成した燃費表です。今回は燃費の新しい指標のJCO8モードは考慮していません。
燃費は、グレードによってちがいますが、同じ車種の一番燃費のいい車種を参考にしています。

 

 

旧指標で燃費がいいのはカプチーノ

 

今回の燃費のランキング指標は、10:15モードと呼ばれる旧指標です。今現在の指標はJOC8モードです。当サイトでは、国産スポーツカー燃費ランキングで、新指標のJOC8モードを元にした、国産スポーツカー燃費ランキングJOC8モード偏も公開していますので、燃費でスポーツカーを選ぶ人は参考にして下さい。

 

トップは、カプチーノです。カプチーノは軽自動車のスポーツカーです。ライバル車は、ダイハツ・コペンでしたが、コペンは、フルモデルチェンジを実施し、旧指標から新指標に変わりましたので、国産スポーツカー燃費ランキングJOC8モード偏でランキングしています。ちなみにダイハツ・コペンは、第1回2回3回のJC08モード燃費ランキングトップでした。

 

二番目は、トヨタMRSです。MRSはトヨタのオープンスポーツカーです。オープンカーの楽しみと、燃費を両立した車です。ドライブには最適です。MRSは、ミットシップレイアウトを採用しています。スポーツカーとしての戦闘力も高次元です。

 

三番目は、ホンダ・インテグラです。インテグラはピュアスポーツカーとして有名です。インテグラの中で、最も速いグレードは、タイプRです。今回ランクイン下のは、タイプSなので、本気で走りを楽しみたい人は、Rをオススメします。その際は、若干燃費が落ちますのでご注意を

 

四番目は、トヨタ・セリカです。セリカは、スポーティーカーとして作られた車です。スポーティーカーとの部類ですが、サーキット走行も一般的な大衆車と呼ばれる車と比較すると得意です。しかし、どちらかと言うとドライブが得意なスポーツカーです。ドライブを楽しむ上で燃費は重要です。

 

五番目は、スポーツセダンのトヨタ・マークⅡです。トヨタ・マークⅡには、様々なグレードがあり、今回ランキング下のは、当サイトで紹介している、2500ccクラスのエンジンを搭載した、NAモデルの燃費を参照しています。トヨタ・マークⅡには、ターボを搭載したモデルもありますので、よりスポーティーに走行を楽しみたい方はオススメです。

 

スポンサードリンク

 

今回紹介した燃費ランキングは、トップのカプチーノ以外は自然吸気モデルです。やはり、ターボモデルは、燃費に劣るのが当時の常識でした。でも、近年ではダウンサイジングエンジンを採用するために、ターボの技術が見直されました。今の感覚と、昔の感覚ではターボも感じは変わってきます。

 

あと、昔と今で変わってくるのは、ミッションです。昔は、オートマよりMTの方が燃費がいいとされてきましたが、最近では、オートマの方が燃費がいい場合がほとんどです。これは、CVTと呼ばれる変速機にあります。CVTは一定の回転数をトレースすることが出来ます。一定の回転数をトレースすることで、一番燃費のいい回転数を保てますので、燃費が良くなります。

 

国産のスポーツカーを欲しいけど燃費が気になるといわれる方は、燃費ランキングを参考にして下さい。当サイトでは、維持費の安い軽自動車のスポーツカーもご紹介しています。貴方の国産スポーツカー選びの参考になれば幸いです。

 

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。