国産スポーツカー マツダ・RX7

トップページ > 国産スポーツカーマツダ車一覧 > 国産スポーツカー マツダ・RX7

ピュアスポーツロータリーはRX7です。

 

本格的なスポーツカーの購入を考えるなら、RX7で決まりです。

 

 

マツダ・RX7車両スペック

 

マツダ RX-7

グレードタイプRBタイプR
乗車定員4名4名
車両重量 1240kg
(1280kg)
1260kg
エンジン型式13B-REW13B-REW
総排気量654×2654×2
エンジン仕様水冷直列2ローター
ICツインターボ
水冷直列2ローター
ICツインターボ
最高出力 265ps
(255ps)
280ps
最大トルク30.0kg32.0kg
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
10・15モード燃費 8.1km
(7.7km)
8.1km
タイヤサイズ前225/50R16 225/50ZR16
タイヤサイズ後225/50R16 225/50ZR16
駆動方式FRFR
トランスミッション 5MT
(4AT)
5MT
グレードタイプRSタイプRZ
乗車定員4名2名
車両重量1280kg1270kg
エンジン型式13B-REW13B-REW
総排気量654×2654×2
エンジン仕様水冷直列2ローター
ICツインターボ
水冷直列2ローター
ICツインターボ
最高出力280ps280ps
最大トルク32.0kg32.0kg
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
10・15モード燃費7.2km7.5km
タイヤサイズ前235/45ZR17235/45ZR17
タイヤサイズ後255/40ZR17255/40ZR17
駆動方式FRFR
トランスミッション5MT5MT

 

マツダ・RX7の維持費

 

国産スポーツカーの1500cc超~2000cc以下の自動車税目安表

エンジン排気量税金の金額
1500cc超~2000cc以下39,500円
※新車新規登録から一定年数、ガソリンエンジンで13年を経過した自動車は、2015年度より約15%ほど税率を重くする、自動車税のグリーン化が実施されています。

ロータリーエンジンは少し特殊で、排気量に1.5を掛けた数字の税金が適応されます。RX7の場合は

 

654×2=1308

1308×1.5=1962

ロータリーエンジンは、1962となりますので、2000ccまでの自動車税が適用されます。

~1500kgまでの国産スポーツカーの車検目安表

普通車の車検料目安
1500kgまで
自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車27,840 円24,600円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー54,140円
3ナンバー54,240円
エコカー27,840 円15,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー44,540円
3ナンバー44,640円
13年経過車27,840 円30,000円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー59,540円
3ナンバー59,640円
18年経過車27,840 円37,800円5ナンバー1,700円
3ナンバー1,800円
5ナンバー67,340円
3ナンバー67,440円
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

 

マツダ・RX7備考

 

マツダのロータリースポーツカー、マツダRX7です。ロータリー搭載車は、RX8もありますが、スポーツカー色が一番強いのはRX7です。
生産終了から12年以上経過していますが、今現在でも、サーキットでも現役で走行しています。

 

RX7には、1型~6型まであり、それぞれ微妙に違います。一番分りやすい違いは馬力です。1型~3型までは255ps、4型は265ps、5型6型は280psです。エンジンは13Bを使用しています。違うのは、過給機のターボです。購入の後、ターボを改造するのでしたら、あまり気にする必要はありません。

安心の保障付きマツダ・RX7をガリバーで探してもらう。

RX7のデメリット

 

RX7の最終型は、20万キロ持つと言われていますが、ロータリーエンジンが心配なことは、エンジンの耐久性です。RX7の最終型が生産を終えてから12年以上の月日が流れています。走行距離も多い中古車が増えてきています。走行距離が多い車は注意が必要です。心配な方は、オーバーホール済みエンジンの車を選ぶと、エンジンの心配事はなくなります。

 

RX7のメリット

 

RX7に搭載されているロータリーエンジンは、軽量コンパクトであることが利点の一つです。ロータリーエンジンのおかげで重心は低く抑えられ、重量バランスは、理想とされる50:50に限りなく近い重量配分です。RX7の別名はコーナリングマシンです。

 

コーナリングマシンとの名前ですが、エンジンも優秀で、シーケンシャルターボを搭載した最終型のFDは、当時の自動車業界の自主規制であった280psの出力を誇ります。直線も早くコーナーも早いのがRX7です。

 

zanthrax-dot-nl
(by zanthrax-dot-nl)

 

RX7のワンマイルシートは、ワンマイルシートの中でも、かなり狭い部類に入ります。実用性をド返しし、純粋にスポーツカーが欲しい方にはオススメの車です。

 

マツダ・RX7中古車情報

カーセンサー中古車情報     サバンナRX-7   
本体価格:650,000
カーセンサー中古車情報     アンフィニRX-7   
本体価格:680,000
カーセンサー中古車情報     アンフィニRX-7   
本体価格:680,000

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。