国産オープンスポーツカーホンダ・S660

トップページ > 国産オープンスポーツカーホンダ・S660

国産オープンスポーツカーホンダ・S660

 

ホンダ・S660は、本田技研がビート以来、約19年ぶりとなる軽自動車の規格を採用した。軽自動車のスポーツカーです。しかも、オープンカーです。

 

 

ホンダ・S660の車両スペック

グレードBa
車両タイプオープンカーオープンカー
車両形式DBA-JW5DBA-JW5
乗車定員2名52名
車両重量830kg
(850kg)
830kg
(850kg)
エンジン型式S07AS07A
総排気量658cc658cc
エンジン仕様水冷直列3気筒
DOHC12バルブ
ターボ
水冷直列3気筒
DOHC12バルブ
ターボ
最高出力64ps64ps
最大トルク10.6kg10.6kg
使用燃料無鉛レギュラー
ガソリン
無鉛レギュラー
ガソリン
JC08モード燃費21.2km
(24.2km)
21.2km
(24.2km)
タイヤサイズ前165/55R15165/55R15
タイヤサイズ後195/45R16195/45R16
駆動方式ミッドシップミッドシップ
トランスミッション6MT
(CVT)
6MT
(CVT)

 

 

ホンダ・S660の維持目安

軽自動車スポーツカーの自動車税目安

エンジン排気量税金の金額
軽自動車10,800円

軽自動車スポーツカーの車検目安表

軽自動車の車検量目安い自賠責保険重量税印紙代合計
下記に該当しない車26,370円6,600円1,400円34,370円
エコカー26,370円5,000円1,400円32,770円
13年経過車26,370円7,600円1,400円35,370円
18年経過車26,370円8,800円1,400円36,570円
※上記の車検料目安表は、法令で定められてる料金です。上記の料金プラス、代行手数料又は、検査料が必要です。

 

ホンダ・S660備考

 

本田技研が、19年ぶりとなる軽自動車規格のオープンスポーツカーが、ホンダ・S660です。S660は、本田技研の社内での公募で集められた案の中で、第一位になり商品化された車です。

 

発起人は、S660の開発責任者として、開発に携わりました。開発当初の開発責任車の年齢は、26歳でした。ホンダの開発責任者としては最年少です。ただ、まだ若く経験が不足していることからホンダは、ベテランのエンジニアを三人サポートして、開発に携わらせました。

 

開発メンバーの平均年齢は30歳代と若く、ホンダのベテランと、若手が一体となって、作り上げた国産軽自動車オープンスポーツカーがホンダ・S660です。

 

 

DSC_0210

 

 

ホンダ・S660のデメリット

 

ホンダ・S660は、ミッドシップの二人乗りです。しかも、オープンカーです。かなり、特定されるジャンルで、走りの楽しさを追究したモデルです。ですので、人も乗せたいし、荷物も積みたい、それに、走りを楽しみたいと、欲張りな方には、オススメできない一台です。

 

この三つの中で、かなえられることがあるとするなら、最後の走りを楽しみたいだけです。その他の二つは、諦めてください。どうしても譲れない方は、他の実用性のあるスポーツカーをオススメします。

 

 

 

安心の保障付きホンダ・S660をガリバーで探してもらう。

 

ホンダ・S660

 

ホンダ・S660は、オープン2シータースポーツカーと、かなり偏った車となっていますが、走りを楽しみたいと思われる方には、ピッタリの車です。車体には、エンジン音を楽しめる工夫もされています。

 

それに、軽自動車の利点でもある維持費の安さも魅力的です。新車の車体価格は、安い軽自動車と比較すると少し、お高いように思えますが、お高いだけの理由があります。エンジンユニットには、専用に開発されたターボユニットが搭載されています。

 

さらに、軽自動車初や、軽自動車では、珍しい装備も充実しています。これは、オプションではありますが、シティブレーキアクティブシステムと呼ばれる、速域衝突軽減ブレーキ&誤発進抑制機能を搭載することも可能です。ホンダ・S660は、プレミアムな軽自動車です。

 

ホンダ・S660のライバル車

 

ダイハツ・コペン

 

ホンダ・S660中古車情報

カーセンサー中古車情報     S660   
本体価格:1,458,000
カーセンサー中古車情報     S660   
本体価格:1,540,000
カーセンサー中古車情報     S660   
本体価格:1,588,000

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。