ホンダ・S2000の気になる、実燃費、購入価格、走行性能、維持費は?口コミ レビュー

トップページ > ホンダ・S2000の気になる、実燃費、購入価格、走行性能、維持費は?口コミ レビュー

ホンダ・S2000の口コミ、レビューです。気になる購入価格、実燃費、走行性能、維持費は?

 

 

 

初年度登録総額燃費月々の維持費
2004年式
(135型)
400,000万円9km燃料代15,000円
保険料8,500円

茨城県にお住いの33歳男性5人家族によるホンダ・S2000の口コミ、レビューです。実際に使用されているからこそわかる、実燃費、走行性能、購入価格、維持費はどれぐらいでしょうか?

 

全車種のスカイラインとS2000を比較すると

 

ソリッドでダイレクトな乗り味、シャープなハンドリング、ドライブの楽しさ、エンジンのフィールはスカイラインですが気持ちよさはS2000が優れています

 

S2000はエンジンが魅力的

 

2Lモデル最期の型、やっぱりS2000は9000回転まで回して楽しまなければなりません!

 

6000回転を越えた辺りからのVTECによる再加速、滑らかに回転が上がり続けるエンジンのとそのサウンドはさすがホンダです。

 

アクセルレスポンスが非常に非常に鋭く、踏めばすぐに反応、踏んだ分だけ反応していくのは運転する楽しさを文字通り体感できます。

 

スポンサードリンク

 

便利な装備品がデメリットな装備品に

不満な点はクラッチですね。

 

エンスト対策として、130型からクラッチリリーズで強制的に半クラを作り出す機構が備わっているのですが、これがイタズラしてクラッチミートのポイントが判りづらくなっています。

 

サードパーティー製で対策品が出ていますが、加速している際もクラッチミート後極僅かな違和感を感じるところが残念です。

 

それと水温、湯温とも上がりやすく、夏に首都高の山手トンネルで渋滞にハマったときは本当に焦りました。

 

同時にエアコンも効かなくなりますので夏の渋滞回避は絶対です。

 

乗って初めて分かったS2000のミッションの魅力

 

 

乗るまで判らなかった最高のポイント、それはトランスミッション!

 

S2000のミッションはホンダがオリジナルで作った6速です。

 

トリプルコーンシンクロを使っい滑らかで有りながら節操感の有るシフトフィーリング、高い剛性も相まってどの回転域でもストレスなく最高のフィーリングでシフトチェンジが出来ます!

 

ホントに小気味良く、ニュートラルでは軽く引っ掛かりのない、そしてギアが入るところは「ここからはいるよ」とわかるクリック感が返ってきます。

 

このフィーリングはNDロードスターと比べても劣るものではありませんよ!

 

 

スポンサードリンク

 

 

S2000の最大の魅力はオープンカー

 

 

S2000はそしてなんと言ってもオープンボディ!

 

クローズ状態では正直ちょっと色々な音が籠ってやかましい、でも屋根を開ければ籠り音も気にならず、解放感がたまりません。

 

Aピラーが適度に立ち上がっているため風の巻き込みが少なく、まらオープン時の上を見上げた視界も非常に気持ちが良いです。

 

オープンながら高いボディ剛性でシルビアと遜色なく操れるところがまた気持ちよさの秘密でしょう。

 

全体的にダイレクトで、ロードインフォメーションが非常に掴みやすい良い車です。

 

S2000をお勧めしたい人は、何よりも「オープンカーで運転する」事が好きな人です。ちょっと格好良いから、位の気持ちで乗ると後悔します。

 

 

 

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。