スポーツカーの空気圧

トップページ > スポーツカーの空気圧

タイヤの空気圧は少し高めがオススメ

 

スポーツカーの空気圧だからと言って、特殊なものではありません。私がオススメするのは、メーカー推奨の空気圧より、大体0.2kgぐらい高い設定です。別に、メーカー推奨の空気圧でも大丈夫です。空気圧は、ガソリンスタンド、カー用品店、整備工場で見てくれます。この時、自分で空気圧をチェックする時、注意したいのが、走行後直に空気圧をチェックすると、冷えた状態より高めの計測結果が出ます。

 

P1020283_R

 

理由は、空気を暖めると、膨張するためです。触ってみて少し暖かい時は、大体、冷えた状態より、0.2キロぐらい高い計測けっがが出やすいです。車に張ってあるメーカー推奨の空気圧は、冷えた時の数値です。これを踏まえて空気圧の調整をオススメします。自信がない方は、お店の人に任せる方が無難です。

 

スポンサードリンク

 

インチアップした時もタイヤの空気圧は高めに設定

 

車の純正ホイールを社外のホイールへ買える時、インチを大きくする人は多いと思います。インチアップした時、タイヤの扁平率が高い場合が殆どです。扁平率が高いと空気の抜ける率も高くなります。扁平率の高いタイヤは、空気圧を高く設定することをオススメします。

 

タイヤの扁平率

 

横の線二本で挟んだ、縦の線の場所が高さといいます。扁平率が高いとこの幅が小さくなります。タイヤの表記で、215/45/R17と書いてある場合は、真ん中の数字45が扁平率を示した数字です。

 

ただ、タイヤの空気圧は、高ければ高いほどいいと言う物ではなく、適度の空気圧の設定が重要です。タイヤの空気圧が高いと、乗り心地が悪化したり、タイヤのセンターだけ異常に減ってしまう、偏磨耗が発生します。逆に、空気圧が低いと、燃費の低下、タイヤのサイドが減ってしまう、偏磨耗が発生します。

 

タイヤの空気圧で、オススメするのは、メーカー推奨より大体、0.2kg、扁平タイヤの場合は3キロまでです。私は40のタイヤを履いていた時は.2.5キロを設定していました。ちなみに、サーキット走行の時は、2キロで走っていました。

 

空気圧の設定は、タイヤの長持ちをさせるために重要な要素です。燃費も良くなります。スタンドで給油の際、暇な時は空気圧のチェックをオススメします。

 

国産スポーツカーをランキング、一覧、人気、オススメ、比較など多角的に紹介しています。